2018年02月14日

ジャイロック②

g00.jpg

新作は「ジャイロック頭部」です。
いまだに塗装が済んでいない状態ですが雰囲気は十分伝わると思いますのでUPしておきます。

ヒューマン第一話を飾る成田テイスト爆発の記念碑的デザインですね。
これが初期ウルトラシリーズに出ていたなら何度も立体化された事でしょうねぇ。
まさに闇に埋もれてしまった名怪獣です。
あぁ、もったいない・・・!
宇輪を髣髴とさせる聖なる輪を構成する神々しくも力強いツノ、それを支える頑強な兜、シンプルな面で成り立つ鋭さに満ちた顔、と魅力に満ちています。
当初はデザイン画通りレッドキング状の首まで作っていましたが立体作品として見た場合、非常に中途半端になってしまうためあえて切断しました。
作品としてはやはりこの形で正解だったと思います。
太い角はどうしても分割したくなかったのでそのまま抜いていますからかなりのボリュームがあります。
箱も過去最大になってしまいました。
頭部・下顎・舌の3パーツ。成型業者さんに依頼していますので抜きは完璧です。
昔ながらのベージュカラー。全高約25cm。¥20000です。
ヒューマンをお持ちの方は是非"旧友"を数十年ぶりに隣に並べてあげて下さい。
当日版権ですのでご希望の方はなるべくあらかじめご連絡下さい。

メールでも結構ですが下記からもどうぞ。
https://omantaworld.stores.jp

おまんたブースは8−26−15です。
それでは会場でお待ちしています。

東京は寒いのかなあ。この日だけは雪はカンベンしてもらいたい・・・。
暖かくしておいでください。




posted by omantaworld at 00:09| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

ジャイロック①

g01.jpg

新作は「ジャイロック頭部」です。
サフを吹き終えたところですがとりあえず現状をどうぞ!
posted by omantaworld at 00:10| Information | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

蠟梅


ro.jpg

昨年末、土佐の日曜市で買った蠟梅を庭に植えたところぽつりぽつりと花が咲き始めました。
黄色い花がまさしく透き通るロウのよう!
良い香りを漂わせながら数ある梅の先陣を切って咲き出す蠟梅が私は大好きです。
いつかは庭に植えたいなあと思っていたのでまたひとつ小さな夢が叶いました。

さて、来月に迫ったWF2018Winterの新作は「ジャイロック頭部」です!
抜きは成型業者さんに頼んでいますがそのサンプルが届き現在完成見本を制作しているところです。
近々UPしますのでお楽しみに!

posted by omantaworld at 21:32| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

復活の日


3.jpg


寒中お見舞い申し上げます。

バタバタと忙しかった昨年末に突如PCが壊れ、更に厄介な事にスマホまで紛失するという失態をやらかしました。
何せ必要な情報のほとんどがこのふたつに入っているわけで不便な事この上なし!

しかし日が経つにつれこの状況にすっかり適応し何の不自由も感じなくなりました。
むしろ身軽で気持ちいい。
ほんの一昔前まではこんなもんだったよなあ・・・と考えだすありがちな話。

年が明けつい先日あっさりスマホが見つかり急遽あちこちに連絡。
やっぱり必要か・・・と考えだすありがちな話。

更には悩みに悩んで結局PCまで買い換えてしまうありがちな話。

あまりにありきたりな人間になってしまった事に一抹の寂しさを禁じ得ません。

ああ、無限のチェーンリング・・・!

新作は次回更新時に!
posted by omantaworld at 23:15| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

老眼


3.jpg


これはモノを作る者にとって本当に困った老化現象です。
近くにピントが合わせられないとGKのような比較的小型のものは作業ができません。
百均で買った老眼鏡をかければその間は何とかなるものの、後から老眼鏡をはずして全体を見まわすような時にまったく様子が異なって見え、あまりの印象の違いに愕然とすることもあります。
木を見て森が見えていないとはこの事で、老眼鏡をかけたりはずしたりの繰り返しです(>_<) 
あ~うっとうしい。
これを無理に何とかしようとすると作品は細部が甘くなるか巨大化します。もちろん意味のない細部は省略が当たり前です。ありもしない細部をでっち上げチマチマ表面をうるさく作り過ぎるのはもうやめましょう。
表現したいものを心の中にしっかり持ち、大きく形をつかんだ造型がしたいものです。
怪獣GKもそうなっていかないと衰退する一方です。

それはそうと先日その百均の老眼鏡をつい踏みつけてレンズ周りのフレームを折ってしまいました。
かけるたびにレンズがぽろりと落ちてきます。
とりあえず手元にあった瞬間接着剤で一時的にくっつけましたがすぐにまた折れてしまい、プラパテ、即重レジン・・・と盛りまくり今ではとんでもない形のフレームに変貌してしまいました。
見えればいいのでこんな杜撰な補修をして楽しんでいます。

IMG_1943.JPG

井上さんの粘土まみれの百均老眼鏡
10月末撮影。
この時の一連の写真が井上さんのガレージでの最後の写真となってしまいました。


posted by omantaworld at 22:27| Everyday Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。