2016年09月04日

WF2016Summer 後日譚④ 還暦造型家


3.jpg


遂に還暦を迎えた造型家Iさん。怪獣全盛のボークス時代に私が大変お世話になった方で、プロデューサー的な立場で敏腕を振るっていたからこそあの頃のボークスがあったのだと思います。お互いにボークスを離れた後は、私にはよくわからないロボット(?)をその凄腕をもって延々と作り続けてきたIさんが遂に鉄人世界に戻ってきました。還暦になってもこれくらいのモノができるのだ、という証明を自らの作品でやってのけたIさんには脱帽です。

本人にすればやりたいものがようやくできた・・・という感慨があることでしょう。「鉄人、ギルバート、オックス、バッカスは今作っとかんと寝覚めが悪い」と言っていましたが本当に身に沁みてよくわかる言葉です。作り手として我々50~60代の者は残された時間の方が圧倒的に短く、アイテムを厳選しながら作り残しておきたいものに今まで以上に本気で向かい合っていかなければなりません。

Iさんが話の途中ふと「あのギエロン星獣はいくつくらいの頃?」と尋ねてきました。ボークスでの原型納品以来四半世紀が経過して久々に出た作品の話題だったのでこちらも少々面食らって「え~と、たしか24、5歳頃ですね。」と答えると「ようできてはったもんなあ。今でもギエロンの写真を何かで見るとあのキット思い出すわ。」ありがたい言葉です。「あの頃は寝る時以外はずっと粘土こねて昼夜逆転して造型三昧、でもそんなバカな時期を若い頃に持てたことが今となっては宝物ですよ。」「まあ、そうやねぇ。」と笑い合い、ここに出せないような話も含め、とりとめもない会話をしながら、去年よりだいぶやせて見えるIさんと造型の話ができるのもこの先何度あるだろう・・・と考えると何やら寂しさを感じてしまいました。

自分の作りたいものをすべて作り切ることはもう不可能ですし、作りたかったはずのものは時間の経過とともにどんどん“造型予定リスト”から消え続けている・・・そんな感覚がしています。かといって造型意欲がなくなってきているというわけではない・・・言葉で説明するのは難しいですがいろいろな意味で“身軽”になり、作り手として楽になってきていることだけは確かです。


posted by omantaworld at 20:04| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

空想特撮映画特集 高知県立美術館ホール


IMG_0959.JPG


今年で3回目となる夏の土佐の怪獣映画祭。
Aプログラムが「地球防衛軍」「宇宙大戦争」
Bプログラムが「キングコングの逆襲」「宇宙大怪獣ドゴラ」
時間がゆるせばA・B共に見たいところですが今回は迷わずAプログラムでしょう。
伊福部マーチが鳴り響く中、あの光の乱舞をスクリーンで見るのが今から楽しみです。
来年は「海底軍艦」と「血を吸う」シリーズあたりが見たいなあ。

とにかく今後も続いていくことを祈るばかりです。
そのためにも今週末は是非南国土佐へお越し下さい(^^)

posted by omantaworld at 22:00| Information | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

WF2016Summer 後日譚③ ヒューマン完成品制作


IMG_0955.JPG

さて、WF終了直後からの毎度恒例の作業、完成品制作が連日続いています。“原型制作者に完成品にしてもらいたい” そういうところに価値を見出してもらえるマニアの皆さんの要望に応えて「私なんぞでよければ」といった感じでなるべく引き受けるようにしています。(昔は絶対やりませんでしたが・・・(^_^;) )
制作代行業者さんのような華麗なテクニックなどは持ち合わせていませんし、当時のモノはもっと素朴な塗装でいいはずなので変にキレイにならないようにしています。
肝心の新作原型制作に影響の出ない程度のペースでじっくりやらせてもらっていますのでオーダーを頂いている皆さん、少々お待ちを願います。

キットのお問い合わせは
omantaworld@yahoo.co.jpまで。


posted by omantaworld at 22:26| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

WF2016Summer 後日譚②


dr.JPG


今回のWFで唯一購入したモノ、『ドラキュラリング』
周囲が赤い「ルゴシ版」です。“D”の紋章が怖ろしげ・・・。
「リー版」やカーロフ版マミーの「スカラベリング」もありましたのでそれらはまた次回の
お楽しみとしておきましょう。

私の最も愛するドラキュラ映画はユニバーサルの『魔人ドラキュラ』(1931)。
多くの人にとってドラキュラはハマーにおけるクリストファー・リーなのでしょうが私にとってはどうしようもなくベラ・ルゴシなのです。
今月末発売予定のブルーレイも思わず1-Click予約をしてしまいました(^^;

このリングを作ったのはWF初期からの付き合いで、昔から老けていたので30年たった今でもそれほど印象が変わらないという損だか得だかよくわからない人です。
80年代のWFはこの人の洋モノの新作を見るのも楽しみのひとつでした。
テーブルに小さな作品が3つくらいぽつぽつと並べられているだけなのですが前々回くらいに並んでいたものの話を持ちかけると「ああ、あれねぇ・・・ないことはないんだけどねぇ。」とちゃっかりテーブルの下からごちゃごちゃとパーツの入った袋を出してくる・・・そんなあやしげなやり取りがおもしろかったものです。

リングは実物のレプリカやら金属製のものやらいろいろ販売されてきたのでしょうが私にとっては好きな人が思い入れを込めて作ったものこそが大切です。そこにこそガレージの深い意義があるのです。


posted by omantaworld at 18:32| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

WF2016Summer 後日譚①

h09.JPG


梅雨明け前の東京は思ったより涼しく過ごしやすかったですね。

『ヒューマン』をお買い上げ頂いたみなさん、本当にありがとうございます。
キットは季節がら若干凹凸が見られる部分がありますが・・・埋めて磨けばいいんです! 
組むこと自体が難しかった80年代のレジンキットのスピリットを忘れてはいけません(^_^;)! 
修正を楽しむ余裕こそがレジンキットの味わいです。(お手数おかけ致します・・・<(_ _)> )

さてそれはそうと会場に来て頂いた多くの成田ファンの皆さんと同意見だったのが「プロップの赤・青のラインが肝心のマスクのデザインの良さを殺してしまっている」ということですね。
今回の展示品のようにシルバー一色にするとマン・セブンの要素が混ざり合い昇華された本当に流麗なマスクである事がわかります。個人的には皆さんにもシルバー系一色で塗装して飾って頂きたいなあと思っています。
マスクは前半分のステンレス部分のみ、トサカは後頭部まで続いているという現存するプロップ状態の奇抜な形。今回は色と形、両面で楽しんでもらえるのではないかと思います。

若干追加生産予定ですのでご希望の方はご連絡下さい。
omantaworld@yahoo.co.jp

さて次回は上の写真で得意気(?)に指に嵌めているものをご紹介しましょう。
posted by omantaworld at 14:30| Everyday Life | 更新情報をチェックする