2017年10月29日

四国造型サミット・搬入


作品搬入をしてきました。

私には自分の作品を部屋に飾るという趣味はないので自宅にはほぼ完成品と呼べるようなものはありません。
作りかけの原型がゴロゴロしているだけです。

そんなわけで四国の怪獣ガレージ界の総元締、三好さんに多大なご協力を頂きました。
今回は三好さんと私の作品のみで十分構成できました。

IMG_1974.JPG

ナイス・スマイルでグイグイとセッティングを進めていく三好元締

私が懐かしい過去の作品を感傷にふけりながらダラダラと並べていると元締から「それはこっちの方がええんちゃいます?」と容赦なく展示位置のダメ出し(>_<)! 
恐るべし、元締!

そんなやり取りを繰り返し順調に終了。
2つの大きなケースをいっぱいにできました。
いや~、三好さんがいなかったら夜中になっていたでしょう。
本当にありがとうございました。

それでもまだまだ見てもらいたい作品はありますねぇ。
できる事なら過去の200体の作品全部を並べてみたい!
そんな欲望が湧いてきます。


posted by omantaworld at 22:34| Information | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

四国造型サミット


四国造形サミットチラシ_1.5-01.jpg

高知県四万十町の海洋堂ホビー館にて「四国造型サミット」が開催されます。
私も久々にこうした場に出展しますので四国在住の方はもちろん遠方の方も無理して南国土佐へ足をお運び下さい。
80年代から近作までの作品を展示する予定です。メジャー・マイナーを取り混ぜて、さらにはキット化していない未発表作品も持って行きます。その中でも私のお気に入り、手持ちとしては“最古”となる30年前に作ったハリーハウゼン・プロップサイズの「MEDUSA」を初公開! 未完ですしプロップの形状にもほとんど拘っていませんがこの状態から手を入れる気がまったくしないので実質自分の中では完成しているのでしょう。
これはファンドで作っていますがその硬さはスゴイもので、他の粘土作品は歳月と共に風化して崩れてきていますが当時のファンドはビクともしません。今はまさしくMEDUSA自身が石のようになっています(^^;

11月4日(土)に行きます。
会場でダンディズム溢れる額の広めの髭面の男を見かけたら是非お声がけ下さい。

下記期間中の無料招待券が若干枚ありますので「絶対行く!」と断言できる方に送ります(^^)
omantaworld@yahoo.co.jp までご連絡を。

四国造形サミットチラシ_2.0-02.jpg


四国造型サミット
期日:2017.11.3(金)~2018.1.22(月)
場所:海洋堂ホビー館四万十 企画展示室
0880-29-3355
開館時間:午前10時~午後5時
休館日:毎週火曜日 年末年始(12.28~1.1)


posted by omantaworld at 22:19| Information | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

WF2017Summer Ⅹ


n07.JPG


肝心なモノを忘れていました。
「おまんたステッカー」!
業者さんから届いたその日に車やらバイク等好きなモノにベタベタ貼りつけて楽しんでいます。
ステッカーは15年前のピストルズのジャケットのパロディのもの以来だなあ・・・。
会場で『ネクスト』をお買い上げの皆さんに差し上げます。
80㎜径・耐候性のあるステッカーです。

おまんたブースは5-21-17です。
『ネクスト』
・レジンキャストキット
・1パーツ(ムク)
・¥15000
ご予約・ご注文はomantaworld@yahoo.co.jpまで。

他に若干数ワケありキットを持って行きます(^^;

WF前の更新はこれで最後です。
当日は暑い一日となるかもしれません。
水分補給を忘れずにおまんたブースまでお越し下さい。
お待ちしています!




posted by omantaworld at 22:26| Information | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

WF2017Summer Ⅸ


n02.JPG


昨日に続き新作『ネクスト』の紹介です。
今日修正塗装をしていますが再撮影をする気力はもはや残っていません(^^;
是非当日会場でご覧下さい。

n03.JPG


n04.JPG


n05.JPG


『成田亨作品集』でひょっとしたら一番の驚きは今回の「ネクスト」だったかもしれません。初めて見た時は「何だ、これ? ダッシュ6? 通天閣のビリケンさん?」 いずれにせよ何かのパクリのように見えてしまい成田さんのオリジナリティがいまひとつ伝わって来ない感じがしたのです。
しかし! 福岡での「成田亨展」で実物を見た時は本当に驚きました。ウルトラ―ヒューマンに代表される成田ヒーローの王道の流れの中に力強く存在していたのです。金銀にきれいに塗られたものはおそらく成田さんご本人の仕上げではないと思われますがそれでも見応え十分です。「平面では話にならない・・・」と立体の持つ力をつくづく感じたものです。おこがましいですが自分がそうした立体の世界に身を置く事が誇りに思え、「絶対にコレを作ってやる!」と作品の前で誓ったものです。会場であちこちから作品を眺め尽くし各部の角度などを頭に叩き込みました。あれから2年、やっと形になり自分でもうれしく思っています。
成田さんは失意の晩年の中でもこんなヒーローを考えていた事に凄さを感じます。
まさしく成田亨のNEXTでありLASTのヒーローです。
これが成田さんの到達点だったのか?
成田さん亡き今は永遠の謎となってしまいました。

n06.JPG


30cm前後の着ぐるみ怪獣キット・・・いい加減もう飽きが来ている人も多いでしょう。
毎回、会場で見かけるだけでうんざりします。
今こそ「成田亨」という源流をあらためて感じてみて下さい。


posted by omantaworld at 22:34| Information | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

WF2017Summer Ⅷ


n01.JPG


新作『ネクスト』です。
まだ塗装途中ですがさすがに時間切れですね。
とりあえず1枚のみUPしておきます。

残りは明日に!
posted by omantaworld at 23:10| Information | 更新情報をチェックする