2016年11月01日

長崎

数十年来どうしても見たかった彫刻があります。場所は長崎の西坂。
それほど遠くはないし、いつでも行けると思い延ばし延ばしになっていましたが先日やっと行ってきました。

『長崎二十六聖人像』 舟越保武(1962)
2601.JPG


10月とは思えないくらいの暑さの中、あらゆる角度からじっくりと見ます。
大きな声では言えませんが人目を忍んでさわれる限り(軽く)さわります。
彫刻は触覚の芸術ですから当然です(^^;)!
朝から昼までこの彫刻と対峙しましたが次第に暑さと空腹でクラクラに・・・(>_<)
とりあえずホテルに戻ったものの、やはりもう一度見たくなり涼しくなった夕方再び見に行きました。

2602.JPG

昇天せんとするほぼ等身大の殉教者たちが並んでいます。
素晴らしい造型と構成です。

2603.JPG

全体の大きさはこれくらい。

以前NHKで舟越保武とその盟友佐藤忠良の彫刻家同士の特集番組の中で佐藤がこの像の前で「かなわないなって感じ・・・」ともらしていたのをよく覚えています。

純粋に彫刻として味わうには作品の背景などから入らない方が往々にして良いものですが、これは有名な事件を題材にしているためご存知の方も多いと思います。

1597年、秀吉の命により京都を中心に信徒及び宣教師26人が捕縛され、布教の中心でもあった長崎まで歩かされた上で十字架にかけられ処刑されました。
最年少は12歳。役人は殺すにしのびず棄教を何度も勧めたようですが「つかの間の命より永遠の命を」と信仰を貫いたそうです。
この像は30万人近いといわれる日本のキリシタン殉教者の初めの26人のものという事になっているようです。その後も続く厳しい禁教令の中、日本が開国するまでの250年間に渡り長崎では離島も含め静かに信仰を守り続けた人達が数多くいた事に心を打たれます。


2604.jpg

中華街の「喫茶 どん底」は閉店していました(^^;

大阪にいた三年間、「もう二度とこんな機会はない」と造型仲間の森口さんに付き合ってもらい見たかった奈良・京都の仏像を集中的に見て回りましたが背景に信仰のある作品は本当に素晴らしいものでした。
仏像に関してはまだいくつか見たいものがあり、今後の人生の楽しみにとっておいてあります(^^)


posted by omantaworld at 22:00| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

WF2017Winter


3.jpg


先月、次回WF「落選のおしらせ」というメールが届きました(>_<)

実はWF終了後に、ヒューマンのサンプル用完成品写真を銀色一色で塗ったものを提出したため『塗り直し再提出・次回参加不可』という連絡を受けていたのですが、どうにもこのクレームに納得がいかず「私は成田亨さんの作品を作っているだけです。TV番組は関係ありません。」の一言で押し通し、少々強引にその場を収めたのがまずかったかな~と一緒に参加している相棒に申し訳なく思っていたところ、メールの後半には『版権申請はできないがそれでもよければキャンセル待ちを受け付ける』という参加する意味自体が問われる主催者都合の文面もあり、何やら腑に落ちないままとにかくキャンセル待ちの申請を出してみました。

そして待つこと1ヵ月、『当選』の連絡が来ました。

スッキリしない感じは残りますが来年冬のWFには意地でも参加していい作品を見て頂きます。
何より造型仲間たちに再会したいですからね(^^)

アイテムは決定次第発表します。


posted by omantaworld at 21:32| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

ヒューマン完成品


h10.JPG


プロップ風に塗装したヒューマン完成品です。
トサカには2本の真鍮線をガッチリ埋め込んでいますので外れることはないでしょう。

マスクによって塗装のパターンも相違があるようです。
シルバー一色が好きですが、やっぱりこれはこれでいいですね(^^;
いずれにしてもヒューマンはカッコいい!

末永く飾って頂ければ制作者としてこれほどうれしいことはありません。

新作は順調に進んでいます。
posted by omantaworld at 23:08| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

去りゆく夏

ice.JPG


8月最後の土曜日。行って来ました、高知県立美術館ホール「空想特撮映画特集」。
午前中からの上映なので家を早朝に出発。
久々のスクリーンですからウキウキです。
30分程前には到着し館内の椅子に座って待っていると昨夜からの寝不足がたたりちょっとウトウト・・・。
何やらイヤな予感・・・。
ベルが鳴り周囲が暗くなるともうダメでした。
記憶があるのは冒頭、モゲラが鉄橋前でコケるあたりまで。
その後は思いっきり爆睡です(>_<)
ハッと目が覚めた時はβ号内で志村喬が訥々と「彼らは永遠に宇宙の放浪者です。」
そしてあっという間にエンドマーク・・・。
映画の9割以上寝てしまいました(ToT)

ああ、何という東宝特撮への冒涜!

続く「宇宙大戦争」は個人的にも大好きな映画ですし、睡眠も足りているので寝る事はなかったものの
「地球防衛軍」のショックで十分に楽しめずにせっかくの夏の一日が終わってしまったのでした。


posted by omantaworld at 23:10| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

WF2016Summer 後日譚④ 還暦造型家


3.jpg


遂に還暦を迎えた造型家Iさん。怪獣全盛のボークス時代に私が大変お世話になった方で、プロデューサー的な立場で敏腕を振るっていたからこそあの頃のボークスがあったのだと思います。お互いにボークスを離れた後は、私にはよくわからないロボット(?)をその凄腕をもって延々と作り続けてきたIさんが遂に鉄人世界に戻ってきました。還暦になってもこれくらいのモノができるのだ、という証明を自らの作品でやってのけたIさんには脱帽です。

本人にすればやりたいものがようやくできた・・・という感慨があることでしょう。「鉄人、ギルバート、オックス、バッカスは今作っとかんと寝覚めが悪い」と言っていましたが本当に身に沁みてよくわかる言葉です。作り手として我々50~60代の者は残された時間の方が圧倒的に短く、アイテムを厳選しながら作り残しておきたいものに今まで以上に本気で向かい合っていかなければなりません。

Iさんが話の途中ふと「あのギエロン星獣はいくつくらいの頃?」と尋ねてきました。ボークスでの原型納品以来四半世紀が経過して久々に出た作品の話題だったのでこちらも少々面食らって「え~と、たしか24、5歳頃ですね。」と答えると「ようできてはったもんなあ。今でもギエロンの写真を何かで見るとあのキット思い出すわ。」ありがたい言葉です。「あの頃は寝る時以外はずっと粘土こねて昼夜逆転して造型三昧、でもそんなバカな時期を若い頃に持てたことが今となっては宝物ですよ。」「まあ、そうやねぇ。」と笑い合い、ここに出せないような話も含め、とりとめもない会話をしながら、去年よりだいぶやせて見えるIさんと造型の話ができるのもこの先何度あるだろう・・・と考えると何やら寂しさを感じてしまいました。

自分の作りたいものをすべて作り切ることはもう不可能ですし、作りたかったはずのものは時間の経過とともにどんどん“造型予定リスト”から消え続けている・・・そんな感覚がしています。かといって造型意欲がなくなってきているというわけではない・・・言葉で説明するのは難しいですがいろいろな意味で“身軽”になり、作り手として楽になってきていることだけは確かです。


posted by omantaworld at 20:04| Everyday Life | 更新情報をチェックする