2017年08月15日

ネクストを作ろう! ④


IMG_1748.JPG


1200番での水研ぎを終えたところです。
ツルピカになって蛍光灯やら窓枠やらが映り込んでいます。
WF展示品同様にご尊顔を光沢のあるゴールド、後頭部をフラットブラックで塗装する予定です。

それにしても夏風邪は長引きますね~(>_<)
皆さん、ご注意を。
posted by omantaworld at 22:59| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ネクストを作ろう! 番外編


IMG_1739.JPG


病み上がりなので少々余談を。
おまんたキットの箱には写真のように結成時から使っているおまんたロゴのスタンプとおまんたマークの赤いスタンプが押してあります。
直販でこれがないものは単純にこちらの押し忘れですが・・・(スイマセン(^^;)
中古屋さんやオークションで過去のキットを入手しようとされる場合に問い合わせを頂く事が多いですが、写真だけではコピー品であるかどうかの判別は難しいですし、仮に不足パーツがあってもほぼ対応は不可能ですから、このスタンプをひとつの目安にしてあとはご自身でご決断を。

レジンキットは一昔前と違って今となっては数十個単位でしか世に出ないでしょうから後になって法外な値段のついたキットを買って中身が怪しかったら目も当てられません。各GKメーカーから発売中のものを定価で直接、あるいは信頼できるショップで入手するのがベストです。

もっともGKは決して安いものではないのでそもそもコレクトするには無理のある世界であるという一面もあります。かと言って「ウルトラならQだけ、マンだけ、セブンだけ、映画なら東宝だけ(中にはモスゴジだけというツワモノもいましたが)」こうしたあまりに自主性のない情けないコレクション法は絶対にやめることを勧めます。玉石混淆となってワケがわからなくなりますからね。モノの良し悪しを見分ける目を持つ努力を惜しまないで下さい。そうでなければ部屋は巨大なキットの箱で埋まっていく一方です。(人生のゴールがチラチラ見え始めているというのに一体いつ作るのですか?) “キャラクター”で買ってはいけません。“ジャンル”や“サイズ”でもありません。“いいモノ”を買うのです。それにはある程度経験も、勉強も、後悔する事も必要ですがいいモノだけを買えるようになれば散財などせずに済むのです。

posted by omantaworld at 22:33| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

ネクストを作ろう! ③


IMG_1740.JPG


ペーパーがけ⇔パテ盛りをひたすら毎日繰り返します。
焦りは禁物。
ゆっくりです。
ここがうまくいけばもう終わったも同然ですから。
この写真では400番程度のペーパーで表面を軽くならしています。
この後、番手を上げていきます。

夏風邪をひいてしまいました(>_<)
咳がひどく私の腹直筋群も限界…。
WF追い込み~当日の疲労~その日のうちの高知までの帰宅等、年2回とはいえ体には相当無理がかかります。
その後大体一週間から10日の間に疲れがドーッと出てくるというのが近年のパターンですね。
歳をとったという事でしょう。
そんなわけで後日発送となってしまっている皆さん、キット到着まで少々お時間を下さい。
申し訳ありません。

posted by omantaworld at 18:07| Everyday Life | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ネクストを作ろう! ②


IMG_1733.JPG


ネクスト様は1発抜きですから組み立てる手間は不要です。
何だかんだ言ってもここはうれしいポイントでしょう?

私のキットの作り方は30年このかた変わりません。
キットを組むより粘土原型をいじっていたいので必然的に新しい素材の探求などもしないわけです。
そんなわけでさっぱり参考にならないかもしれませんが特殊なものは不要ですから気楽にいきましょう。
(後で出てきますが今回は展示にちょっとだけ工具を使います)

さて二日目はサフを全体に軽く吹き表面性状をチェックします。
老眼に四苦八苦の今となっては白いままではよくわかりませんからね。
ご尊顔のどんな細かい気泡も見逃さずその部分に入念にパテ盛り。
硬化を待ちましょう。
この時違うところを硬化させないようにして下さい。

あっという間に二日目終了です。

posted by omantaworld at 22:01| Everyday Life | 更新情報をチェックする

ネクストを作ろう! ①


IMG_1732.JPG


ではWFで手に入れた「ネクスト」を皆さんご一緒に作っていきましょう。
初日の今日はまずバリ取りと離型剤落とし。
日本中の家庭どこにでも必ずあるカネヨの「ニューサッサ」を使い古しの歯ブラシに水をつけながらネクスト様のご尊顔をこすっていきます。この時違うところをこすらないようにして下さい。その後、大好きなハーレーのエンジン回りのオイル汚れを落とすパーツクリーナーをこれでもかと吹き付けます。乾燥させて本日はここまでです。

あらためて見てもマン・セブン・ヒューマン全ての要素が入っていますね。

キットのお問い合わせは
omantaworld@yahoo.co.jpまで


posted by omantaworld at 00:16| Everyday Life | 更新情報をチェックする