2018年08月21日

昆虫少年の夢2018〜ヒラタクワガタの恐怖

fullsizeoutput_8c9.jpg

ここは造型のブログですが複雑な版権のからむ微妙な世界。
只今新作に取りかかり、まずまず順調に進んでいるとだけお知らせを。

さて、昆虫少年の夢2018・最終回。

ヒラタクワガタ・・・なんと地味なクワガタでしょう。
オオクワガタの威風堂々さもない。ミヤマの華麗さもない。
どうしようもない中途半端なヤツです。

そんなヒラタクワガタが近所のスーパーのペットコーナーで売られていて、ヨメさんに付き合った買い物の時間つぶしに何となく見ていました。
そこにはヒラタだけが何匹も売れ残っています。
「誰が買うんだ、ヒラタなんて」などと哀れんだ目で見ているとそのうちの一匹がひっくり返ってしまいました。
「しょうがねーな…」元に戻そうとパックの蓋を開けて体を持ったところ意外に手に馴染む大きさ。
しばらく掌で遊ばせていました。平べったくてまったく彫刻向きではないけれどつるつるした甲をなででいるとなかなか可愛らしい。
こんな小さい大顎じゃ咬まれても大した事ないだろうな、と人差し指を大顎の間に入れた瞬間、思わず叫びたくなるくらいのとんでもない痛みが・・・!
これほどの痛みは未だかつて経験した事がありません。しかも咬んだまま全く放そうとしません。
血がダラダラ出てきます。命の危険を感じるくらいの激痛でした。
とにかく刺激しないようそっとパックに戻しましたがまだ咬み続けています。
この間の時間の長かった事・・・。
数分後ようやく放してくれました。
床に落ちた自分の血を靴でササッと拭きながら「怖い・・・。」 心底そう思いました。
よく見ると大顎の先端はグイッと内側に曲がっており、挟めばそのまま対象に突き刺さるようになっているではないか!

帰宅してネットで調べるとヒラタは最も気性の荒い凶暴なクワガタムシだそうです。

ヒラタを見る目が変わりました。強靭な大顎で近づくものは何でも粉砕!
これこそ自分の求めているクワガタムシ像なのではないか!

う~ん、飼おうかな。飼いたいな。
でもオオクワガタがいるしな。
やめとこ。
あんな痛い目に二度と合いたくないし・・・(>_<)



posted by omantaworld at 23:44| Everyday Life | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。