2017年02月25日

新作『シャドー星人』発売開始!


s02.JPG

大変お待たせしました。
WF2017Winterにて先行発売した『シャドー星人』の発売を開始します。

s03.JPG

約3年に渡る造型期間中というもの、作りかけのシャドー原型が机の上から静かに私を見つめ
上田耕一氏の声で「早く私を作れ」とプレッシャーをかけ続けられてきました。

s04.JPG

シャドー星人は個人的には未発表のものも含めれば3体目、以前「影面」としてシャドー星人を能面のような
浅さで作りましたがやはり自分としては不満が残っており、再挑戦の機会を待っていました。
シャドーの集大成ということでプロップ同様の形状とするため耳の位置までしっかり作り込む事で
本来の立体としての深さも出したい・・・!
それほど私にとってはあの成田デザインの形は魅力的なものです。

s05.JPG

“タクシードライバーver.”

本来人間の顔からすると最も突き出ている部位が最も凹んでいるという事実。
しかしながら単に顔に沿ったマスクを作って中心を凹ませただけのプロップでは
役者さんは装着できないはずで、必然的に役者さんの顔の一番高いところ(鼻周囲)の高さは
キープしつつその周囲をグッと盛り上げて凹部を表現しなければあの奇怪な表情は生み出せません。
額から鼻にかけての存在感抜群の凹部の中の影と自分の造型物の影がどうしても一致しない・・・。
照明の加減にもよるのでしょうがなぜあの形状であの影が出るのか、
執念深く『影を追い、影を作る』そんな作業の繰り返しでした。

s06.JPG


間違いなくこれが私の人生最後のシャドー星人です。

夜も更けた頃、月の光だけでこのシャドー星人をご覧下さい。
きっと“あの顔”が浮かび上がることでしょう。

s07.JPG


「今日がダメなら明日、明日を捜しゃいいんですよ。」
明日は必ず見つかります。

レジンキット
ベース付頭部 左右の耳 以上3パーツ
\25000
色も昔懐かしい茶色を指定。(これだけでもシャドーっぽいです)
抜きは成型業者さんに依頼していますのできれいに抜けています。
わずかなバリを取り除き耳を付ければすぐに完成・展示できます。

<CAUTION>
ディスプレイモデルとしてお楽しみ下さい。
いわゆるマスクではありませんので被ることはできません。

ご予約・お問い合わせはomantaworld@yahoo.co.jpまでお願いします。
「WFで散財しちゃって・・・(>_<)」という方は取り置きも可能ですのでご相談下さい(^^)

おまんたワールド通販及び大阪・堺市の「ウルトラやホビー」さんで御購入頂けます。

posted by omantaworld at 23:01| Information | 更新情報をチェックする