2017年01月23日

『沈黙』


3.jpg

21日(土)、封切日に『沈黙』をヨメさんと見に行ってきました。

2014年の『マレフィセント』(スタッフは59年版アニメのドラゴンの素晴らしさを全く理解していないようでした)以来久々の東宝シネマズ高知です。

学生時代から親しんでいた小説「沈黙」が映画化されると聞いてからこの日を心待ちにしていました。
スコセッシやキャスティングなどどうでもいい、信仰におけるあまりに重いテーマをいかに映像化しているのか?  
私の関心はその点に尽きます。

長い映画ですので後半は尿意との戦いになりますが、途中でトイレに立つなど不可能。
最後の最後で「う〜ん、これは蛇足かなぁ・・・」という演出もありましたが各国での公開を考えれば致し方ないのでしょう。
この部分はもちろん小説にはありません。

エンドロールで席を立つ人もなく、照明がつき出してやっと皆がまさしく“沈黙”したまま出口へと移動していくのが映画の仕上がりを象徴していたと言えるでしょう。

それにしても“夫婦50割引”で一人1100円はありがたいです(^^)!

あと1か月となったWF情報はもうしばらくお待ち下さいm(_ _)m

posted by omantaworld at 21:13| Everyday Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする